病気になりやすい職業は?うつ病患者の仕事

様々な責任を背負って仕事していると思いますが、うつ病になればそれらの責任、プレッシャーから一旦離れる必要がある場合もあります。

実際に仕事そのものがうつの原因になっている事も多々あります。

うつ病は責任感のある人がなりやすいと言います。そんな仕事熱心にやっていた人が集中力、思考力が低下しとても仕事が出来る状態ではなくなるのです。

仕事は様々なプレッシャーとの戦いでもあります。責任感が強ければ強いほどそのプレッシャーは大きくなるはずです。

うつ病は誰にでもなりうる病気です。仕事をしている以上、少なからずプレッシャーやストレスは抱えるものです。もっと言えば仕事などしていなくても人間関係がある以上、



それにプラスして仕事となれば更なるストレスがかかるという事なのです。

職場での日常的な人間関係、パワハラ、セクハラ、いじめなどから仕事に関わる評価や左遷や出向、栄転や昇進など会社には挙げればキリが無いほど様々な問題やストレスを抱える要素が沢山あります

最初にも言った通りうつ病は責任感の強い人がなりやすい傾向があります。うつ病患者にとって仕事は悩みの一つになることは間違いありません

うつ病になりやすい仕事

うつ病になりやすい仕事、職業は?



ランキングなど付け難いほど様々な職種でうつ病になっている人がいて本当に多様なのです。つまりどんな職業についていてもうつ病になってしまうリスクはあるという事なのです。

どんな仕事、職業にも人間関係があり、それなりに責任もあるはずですから当然です。ストレスが無い職場などなかなか考えられません

それはうつ病になってしまった時にお世話になるであろう病院内、医療関係者でも同様にうつ病になってしまう人も少なくありません。

うつ病の治療ができる病院

どんな職業でもストレスを溜め過ぎない。これがうつ病にならない為に必ず心がけたい点です。仕事である以上、ストレスも責任も無くす事は出来ません。

それをいかにコントロールするかが重要なのです。ストレスやプレッシャーといったものにどう対処するかが重要なのです。

同じストレス、プレッシャーを感じていてもうつ病になる人もいればならない人もいます。これらの要因をどのように受け止めるかは自身の思考回路、つまり考え方が重要になるのです。

責任感もあり、生真面目な人がなりやすいうつ病ですので職業、職種というよりも



よくブラック企業と言われる長時間労働、過重労働などによりうつ病になったというニュースを耳にすることがあります。

しかし、同じ条件で必ずしもうつ病になる訳ではありません

長時間労働や過重労働の場合にはストレスを発散する暇がないためうつ病になる可能性は高くなるかもしれませんが、やはりうつ病という病気の根本は性格上の要因が大きいです。

なりやすい人の性格

迷惑はかけられない

もしうつ病になったら仕事に対してどう向き合えば良いのか?それがうつ病患者にとって悩みの種です。うつ病とは心の病であり伝わりにくい病気です。

しかし決して軽く考えてはいけない病気でもあります。



これが出来れば良いのですが現実はなかなか出来るものでもありません。

今まで任されていた仕事を明日から辞めるとなると会社、同僚に対して多大な迷惑をかけることは目に見えています

さらに言えば仕事を失うという事がどれだけ人生においてマイナスになるのかも計り知れません。

それはたとえ休暇を取るだけにしても同じことです。どれだけの期間があれば完治するのか分からない状態で休暇を取る事も難しく簡単に仕事を忘れて治療に専念するという事が出来ないのです。

うつ病の治療期間

しかし、深刻なうつ病の状態で無理やり仕事を継続してさらに深刻な状況になったり自殺を選択してしまったりしていては仕事どころの話ではありません。

まずは自分のうつ病の状態が仕事を続けても良いのかを冷静に判断しなければならないのです。

うつ病と自殺

そもそもうつ病の症状には集中力の欠如判断力の低下物忘れ無気力という状態に陥る事が多く、その状態で仕事をし大きなミスを犯すことだって考えられます。

それらのミスを犯すほどの症状が進行する前に早めにうつ病の治療に専念し、完治させる選択肢も間違っていないのではないでしょうか?

仕事が原因となってうつ病になるパターン

仕事で大きなミスを犯したり、取り返しのつかない失敗を起してしまい、その結果うつ病になってしまう人もいます。

責任感のある人なら尚更、心に大きなストレスを抱えてしまうものです。大きなミスにより、仕事そのものが怖くなり仕事が出来なくなってしまいふさぎ込んでしまうのです。

仕事でミスは気をつけなければなりませんが、



だから決して他人ごとではないのです。通院、治療をしながら仕事している人も多いですが、仕事を辞めて通院することを選択した人も少なくありません。

しかし、「仕事が怖い」となれば再度、仕事は出来なくなりますし新しい就職先を探す事さえ怖くなり出来なくなってしまいます

責任感を持たずに仕事は出来ませんが、原因を探りしっかりと解決することが重要です。仕事で大きなミスを犯して仕事に対して恐怖感を持つのは簡単です。

それが仕事という大きな範囲を恐れてしまうから問題なのです。恐怖感を取り除くためにはしっかりと原因を追究することで軽減されることがあります。

闇雲に恐れるのではなく「なぜ、ミスをしてしまったのか?」「なぜ失敗をしてしまったのか?」を冷静に分析して、そうならない為の策を考えれば同じ失敗をしないように注意する事が出来るのです

理由がはっきりすれば恐怖心は無くなるものです。

うつ病の原因

仕事をしながら治療する

出来る事ならうつ病になっても仕事をつづけながら治療し克服できれば一番ベストです。また、それが可能かどうかの判断も重要になってきます。

うつ病をどう克服するか

うつ病という病気は仕事をしながらでも治療できる場合と、とてもじゃないけど仕事など出来ない状態の場合もあります。

仕事が出来ないくらいに深刻化する前にしっかりと治す事が求められる為、すこしでもうつ病を感じたら



ただし、気をつけなければならないのは仕事をつづけながらしっかりとした治療が出来るかどうかです。うつ病を治療するのは簡単かつ、単純なものではありません。

本当に仕事をつづけながら完治させて再発しないように出来るのかの判断が一番大切な事なのです。

仕事をつづけながら治療が出来ればベストなのですが、



で、働きながら治療に頑張っても再発、悪化してしまうのでは意味がありません

休職、退職など簡単に決断できるものではありません。しかし、うつ病もまた誤魔化しながら治療できるほど甘い病気ではありませんし恐ろしい病気でもあります

休職と退職の選択

根治を第一に考え、そのうえで仕事を継続できるかを考える必要があります。

仕事をしながら治療できるに越したことはありませんが無理をしてはいけないのです。深刻化したうつ病の恐ろしさを理解するべきです。

ただ、すべてのうつ病が仕事をしながら治療が出来ない訳ではありません。

自分の状況、環境なども照らし合わせて医者ともしっかりと相談をして間違いない選択をしてうつ病を克服していきましょう!

うつ病の再発防止のために

うつ病で仕事を続けるリスク

仕事が出来ないほどのうつ病状態ならば迷わず休職、退職し治療に専念しなければ取り返しのつかない結果になってしまう可能性もあるので選択肢を選ぶのは難しいものではないと思います。

仕事ができない状態ならば誰の目からも明らかな状態でしょう。しかし、仕事は



ならばその選択肢は非常に悩むところだと思います。

うつ病で悩むのは馬鹿らしい!

退職はもちろん、休職でも今後の人生を大きく損させてしまう事を考えればそう簡単に決めれる事ではないと思います。

ただし、さらに悪化した場合のリスクも同時に考えておかなければなりません

うつ状態の人が仕事をしている場合、やはりミスが多くなる可能性もあります

元来、完璧主義で頑張り屋の人が多くなるうつ病はそのミスがさらなら自分への追い込んでしまう可能性もあり、よりうつ病の症状を重くししてしまうリスクがあることを知っておくべきです。

責任感が強いほどうつ病になりやすいという事実と責任感が強いほどミスをより甚大に考えてしまうという性質を・・・。うつ状態で仕事を続けるリスクはしっかりと持っておく必要があります

仕事復帰をするリスク

仕事を休職するなどし治療に専念する選択をし、無事回復に向かい仕事が出来る状態になったとしても仕事復帰する際には細心の注意が必要です。

治療に専念できたからうつ状態を脱しただけで復帰した途端、うつ病が再発するという事が多々あります

これは、休職中に治療に専念してた今までの環境とうつ病になる前の元の生活は大きく異なるからです。環境の変化というのはストレスとなります



ここで無理をしてしまえば、再度うつ病に陥ってしまう可能性があるのです。仕事をしてもうつ病にならないという状態でなければ完治したとは言えません。

仕事量、時間ともに徐々に増やして慣れていくことが出来れば良いのですが、仕事なのでそう簡単にはいかないものかもしれません。

再度、うつ病になってしまうリスクは回復から日が浅いほどなりやすい事は分かっています。ですから復帰した直後は特に注意が必要なのです。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)