特定は難しい?うつ病の原因

うつ病の原因は、



と考えられています。

基本的には、その原因因子が環境因子であることが多く、すなわちうつ病の原因因子の多くが後天的なファクターに依存していることになります。

母子家庭の環境

しかし、中には先天的であるケースも存在しています。

これだけうつ病患者数、あるいはその予備軍の数が増大しているわけですから、当然医学的見地においてもうつ病に関していろいろな研究結果が報告されています。

しかし現段階ではその多くが「仮説」の域を出ておらず、その意味ではうつ病の原因特定はそう簡単なことではないと言え、また同時にうつ病の治療法への難しさも反映していることになります。

うつ病の治療法

仮説ですが

医学的見地における仮説では、「生物学的因子」「心理学的因子」が主立った仮説として報告されていますが、先に触れたような「後天的ファクター」が原因因子の場合、生物学的因子よりもむしろ心理学的因子のほうがより根拠としては適切であると考えられるケースが多いようです。

ただし、そうした後天的、社会的な因子が直接的に作用して、脳の海馬領域における神経系の疾患を発症したことがうつ病の発症原因であると特定された場合には、これは「後天的うつ」であり、なおかつ「生物学的因子」としてうつを認定するケースも当然あります。

このように、うつの原因は多様であるため、



ではありますが、投薬治療やカウンセリング治療などがうつ病の主な治療法となっています。

うつ病の治療薬

うつ病の原因に恋愛?

うつ病の原因になるものはたくさんあり、人それぞれですが恋愛が原因でうつ病になる人もいます。

基本的には真面目な人になりやすいうつ病ですが、真面目で責任感がある人に恋愛がきっかけでうつ病になってしまう人がいるのです。最近の若者でも決して少なく無いと言います。

振られたり、別れがキッカケでなってしまう事もありますが、一見、恋愛が上手くいってそうで幸せそうな人でもうつ病になってしまう人もいるのです。

捨てられるのではないだろうか?」「浮気されているのではないだろうか?」などの



総じて、そうなってしまう人は相手にのめり込み、異常に愛情を注ぎすぎる人です。

恋愛だけ考えれば決して悪い事ではないのですが、相手をそれだけ思う人ほど、相手にもそれと同じように要求してしまうのです。

その結果、思う通りにならず不安が増えていきストレスを貯めこんでしまうようになるのです。

この場合には、恋人だけに依存しない、自分だけの時間も大事にしてのめり込めるものを別で作ることで徐々に解消される場合もあります。

人に依存しすぎないようにするのも大事な事なのかもしれません。

夫や妻が原因のうつ病

恋愛ではなく結婚し家庭を持っている場合にはさらに鬱になりやすい要素が増えてくると思います。

うつ病は真面目で責任感が強い人がなりやすいと言われていますが結婚や家庭を持つと責任が増えますので自然とうつ病になる可能性は増え、なりやすい環境になってくるのです。

そして、夫、妻。つまり相方が原因でうつ病になってしまう人も少なくありません。

夫の何気ない言動や性格、くせなどが引き金になりうつ病になってしまう主婦もいるのです。逆に妻の言動や生活にストレスを感じてしまう旦那さんもいるのです。



になってしまう事もあるのです。

例えば、夫が原因でなってしまう場合では夫の外面が良くて家庭内ではいつも不機嫌になったり、家事にいちいち細かく口を出して来たり、妻の外出を拒んだりして不満が募り、ストレスになって発病してしまったなどの一例もあります。

逆に妻が原因でなってしまったケースでは家の中でもストレスがある環境になっており仕事でストレスを貯め、家庭でもそれを癒す場所でなく追加して貯めてしまっている状態で妻からの暴言等が引き金になりうつ病を発生させた例もあります。

どちらにしても、責任感がつよく真面目な人になりやすいのは原因が何であれ同じです。

皮肉な事にその性格上、家庭の為に一生懸命頑張り真面目にやってきた夫、妻であった可能性が高いのですがその結果、夫や妻からのストレスによってうつ病になってしまうケースが多いのです。

なりやすい人の性格

仕事や上司が原因でなるうつ病

仕事、職場が原因でうつ病になってしまうケースは少なくありません。仕事なのですから責任も必要ですし、プレッシャーなど精神的にもかなり負担が強いられると思います。

うつ病になる要素、ストレスがたっぷりあるのが仕事です。そんな状況のなか職場の人間関係も重要になってくるのですから環境的にはうつ病への誘発のきっかけになる数は計り知れません

忙しい職場ならば休日出勤、残業も増え、体を休める間もなく仕事に没頭する日々も続くかと思います。心身ともに疲れている状態になりがちです。心も体も疲れストレスを発散させる暇もなければ



その環境でうつ病になりやすいタイプでもある真面目で責任感が強い人ならば底知れぬプレッシャーと闘い続けることになります

また会社には上司、同僚、部下など様々な役職の人が存在し、それぞれに不満や心配などを抱えながら仕事をしているのです。

もっとも影響力のある上司がその引き金を引いてしまう事も多々あります。必要以上に部下にプレッシャーを与え、耐え切れなくなった部下がうつ病になってしまうケースは少なくないのです。

会社環境が原因になるうつ病は非常に多く、原因になっている可能性は大きいです。

うつ病患者の仕事

原因不明の場合があるから難しい

うつ病になってしまう原因を取り除けば、徐々に回復していくのがうつ病ですが取り除くためには原因をしっかりと追究しなければなりません

ただ、分かりやすい原因ならば単純ですが、原因が本人もいくら考えても分からない場合も少なくないのです。



でそういったケースは決して少なくありません。

これといった不幸な事もなく、誰からも愛されて順風満帆でストレスも溜めている自覚はありません。しかし、そんな人でもうつ病になってしまう事もあるのです。

これでは本人が必死に原因を探してもなかなか答えは見つかりません。ただ、すべてのやる気が出てこないのは事実です。

しかし、原因不明であっても原因が無いわけではありません。必ず原因があるのです。ただ、それが見つけれないだけなのです。そんな人は一度、生活スタイルを見直してみると良いです。

原因不明のうつ病患者の生活スタイルを聞いてみると、不規則な生活をしていたり、偏った食事をしていたりと原因になりうる要素を持った生活をしている事も多いのです。

不規則な生活スタイルや偏った食事だけではなく、映画や音楽などの娯楽でも鬱を誘発させるような番組を見たりと普段の生活の中に原因が隠れている場合もあるのです。

原因が無いわけではなく不明なだけで実際には原因がしっかりとありますので生活スタイルや趣味を見直してみてください。

うつ病と発達障害

一般的に、うつ病は「こころの病気」であり、たとえば家庭環境や学校や職場などの環境、そしてまれに先天的な理由で発症することが多いと考えられます。

ですから、どちらかといえば、うつ病はそのほかの病気とはそれほど密接に関係しない可能性が高いということが言われています。

しかし、中には互いに密接にかかわっていると考えられる病気もあるのです。まあそういった病気はいくつかあることはあるのですが、その代表的なものが、



と呼ばれるいくつかの病気群です。

発達障害というのは、こころの病気ではなく、脳に何らかの欠陥や損傷が見られる病気で、たとえば「自閉症」や「アスペルガー症候群」などがそれにあたります。

発達障害の場合、ほとんどが先天性のものであるため、その発症由来はほとんどのうつ病とはまったく逆ということになります。

そして、このことからいえるのは、うつ病と発達障害との関係は、発達障害を持っている人がうつ病に罹ることがあっても、うつ病を罹患している人が発達障害に罹るということはあり得ないということです。

ですから、うつ病と発達障害の関係性から言えば、これらは双方向性障害ではないということになります。

発達障害をもっている人がうつ病を発症するメカニズムはいろいろ言われますが、過度のストレスが大きな原因になっているケースが多いという点においては、発達障害をもっていない人がうつ病を発症するメカニズムと同じと考えてよいでしょう。

ただし、発達障害を持っている人がなぜ過度のストレスを蓄積しなければならないのかという部分に関しては、少々異なるというべきでしょう。

というのも、たとえば企業に勤めている人の場合、会社の体力に限界が来た場合、発達障害を持った人からリストラされてしまうという傾向はどうしても起こってしまうからです。

これは、学校生活でも似たような傾向があります。自分で進路を決めることができないというのはその典型的な例でしょう。

ですから、発達障害を持っている人は、持っていない人にくらべてストレスを蓄積しやすい環境にどうしても置かれてしまうというのは事実なのです。

また、脳の欠陥や欠損自体が悪影響を与え、うつ病や躁病、躁うつ病などを発症させてしまうという例も非常に多いです。

ですから、うつ病をはじめとする精神疾患の場合、精神疾患以外の脳疾患が原因となっているケースは非常に多いと考えられるのです。

うつ病の治療と食事

うつ病と食事の関係は、ほかの病気のように「何かを食べてはいけない」とか「食べたほうがよい」といったことではない場合が多いです。

というのも、うつ病において食事との絡みでよく問題になるのが、「過食」と「拒食」だからです。

すでにご存知の方も多いと思いますが、「過食」というのは、以上に食欲が湧いてしまい、通常の分量よりもはるかに多い分量の食事を摂取する現象であり、また「拒食」に関しては、「過食」のまったく逆のパターン、すなわち、必要な分量の食事がのどを通らないという事態に見舞われてしまう症状です。

過食症や拒食症など、「食事に関する大きな問題や症状」のことを、「摂食障害」と呼びます。摂食障害は、うつ病や躁病、あるいは躁うつ病など、精神疾患にともなって発症する事例が非常に多いです。

一般的に、うつ病のときには拒食、躁病のときには過食が見られやすいなどと言われますが、どちらも起こることがあります。

また、拒食と過食を頻繁に繰り返してしまうという不安定な症状が出ることも珍しくありません。そして、この症状は躁うつ病のときに限って現れるというものでもありません。

摂食障害は、さまざまな理由で起こりますので、うつ病や躁病、躁うつ病のときにだけ起こるというわけではありません。

ただ、何らかの精神的な問題が大きくかかわった結果として、摂食障害という形が表面化するケースが多いです。

また、拒食症に関しては、「制限型」と「排泄型」とに分けられます

前者は「とにかく食事が細くなる」という、どちらかといえば「食べない」ことによって拒食の体をなし、後者は「食べてもすぐに戻してしまう」という形で、結果的に拒食と同じ形になる症状とがあります。

うつ病をはじめとする何らかの精神疾患が影響している可能性が高い以上、拒食や過食などが顕著な場合には、できるだけ早くしかるべき病院で診てもらうことをおすすめします

うつ病の治療ができる病院

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)